ペリカンズ・デービス 捻挫から復帰、37分33得点でアピール

[ 2016年10月21日 15:42 ]

マジックのイバカのマークをかわすペリカンズのデービス(右)(AP)
Photo By AP

 NBAは20日に各地でプレシーズンの4試合を行い、今月12日のロケッツ戦で右足首を捻挫したペリカンズのフォワード、アンソニー・デービス(23歳)が戦列に復帰。プレシーズン最終戦となったマジック戦に先発して37分出場し、33得点と13リバウンドをマークして完全復調をアピールした。

 試合は延長の末にマジックが114―111(前半50―62、延長9―6)で勝って2勝5敗で全日程を終了。ペリカンズは1勝5敗だった。

 ともに最終戦となったニックスとネッツは、ニックスが116―111(前半55―57)で勝利を収めて4勝2敗。カーメロ・アンソニー(32歳)が30分で21得点、ブルズから移籍してきたセンターのジョアキム・ノア(31歳)は先発して21分出場し、12得点と6リバウンドを記録した。

 ネッツは1勝5敗。ホーネッツから移籍したガードのジェレミー・リン(28歳)は30分で24得点と10アシストをマークしたが、選手層に不安を残したままの開幕を迎えることになった。

 ホーネッツは96―88(前半54―43)でヒートを退けて3勝3敗。ガードのケンバ・ウォーカー(26歳)は32分で17得点を稼いだ。

 ヒートは4勝3敗。両軍ともに21日にプレシーズンの最終戦を残している。 

 好調ホークスは97―81(前半44―39)でブルズを下して5勝2敗でフィニッシュ。ロケッツから移籍してきたセンター、ドワイト・ハワード(30歳)は29分で16得点と15リバウンドをマークした。

 ブルズは3勝4敗で全日程を終了。ヒートから移籍したガード、ドウェイン・ウェイド(34歳)は25分の出場で8得点にとどまった。

 NBAのプレシーズンは21日に10試合を行って閉幕。レギュラーシーズンは25日(日本時間26日)に3試合を行って開幕し、昨季王者のキャバリアーズは地元クリーブランドで、デリック・ローズ(28歳)の加入したニックスと顔を合わせる。

 <開幕日放送日程>

 ▼WOWOW=26日午前8時45分~午後3時(ニックス対キャバリアーズ、スパーズ対ウォリアーズ、いずれも生放送)

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2016年10月21日のニュース