東北福祉大3年の比嘉 3差4位好発進!4人目アマVに照準

[ 2016年10月21日 05:30 ]

男子ゴルフツアー・ブリヂストン・オープン第1日 ( 2016年10月20日    千葉県千葉市・袖ケ浦カンツリークラブ袖ケ浦コース=7119ヤード、パー71 )

 先週の日本オープンで14位となり、ローアマを獲得した比嘉(東北福祉大3年)が最終18番でバーディーを奪い6アンダー。

 3打差4位の好スタートを「先週に比べるとプレッシャーが半分以下で楽に打てました」と事もなげに振り返った。ローアマの資格で急きょ出場が決まり、地元・仙台に帰らないままの強行日程だが「今はいい状態なので、先輩の松山(英樹)さんのようにアマで優勝したい」とツアー制度施行後では倉本昌弘、石川遼、松山英樹に続く4人目のアマVに目を向けていた。

 ▼19位・池田勇太 疲れている中、よく回れた。毎週、初日はこんな感じ。本当は初日からガンガン行きたいよ。でも疲労以外は問題ないので、今日はもう練習しない。(賞金ランク首位。68で6打差)

 ▼27位・B・スネデカー 一日を通していいプレーだった。パットが決まってくれたので、質の高いゴルフができて、いいスタートが切ることができた。もちろん優勝を狙って、リーダーボードの上位につけていきたい。(世界ランク21位。2番ダボも69)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2016年10月21日のニュース