天皇陛下、IOC会長と面会「東京五輪の成功を願っています」

[ 2016年10月21日 15:59 ]

IOCのバッハ会長を迎えられる天皇、皇后両陛下=21日午前、皇居・御所(代表撮影)
Photo By 代表撮影=共同

 天皇、皇后両陛下は21日、住まいの皇居・御所で国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と面会された。宮内庁によると、天皇陛下は「東京五輪が五輪精神に沿ったものとして成功することを願っています」と話し、バッハ会長は「必ず成功すると確信しています」と応じたという。

 約15分の面会で、バッハ会長は東京五輪では「平和」と「被災地との連帯」という二つのメッセージを出したいと説明。陛下は「被災地のことを考えていてくれることを感謝します」と述べた。

 両陛下は国際パラリンピック委員会(IPC)のクレーブン会長夫妻とも会い、陛下が「パラリンピックが盛んになっていることをうれしく思います」と伝えると、クレーブン会長は「障害者スポーツに理解を示されていることに感謝します」と語ったという。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2016年10月21日のニュース