鴨川で女子サーフィン世界大会開幕 国内1位・川合が勝ち進む

[ 2016年10月21日 15:12 ]

女子サーフィンの世界大会「ホワイトバッファロー・ウィメンズ・プロ」でバックサイドの波に板を当て込み高得点をマークする川合
Photo By スポニチ

 女子サーフィンの世界大会「ホワイトバッファロー・ウィメンズ・プロ」(スポニチ後援)が21日、千葉県鴨川市の東条海岸で開幕し第1ラウンドが行われた。

 国内外から57選手が出場、32人が22日の第2ラウンドに進んだ。国内ランキング1位が確定し、今大会上位進出の期待がかかる川合美乃里(15)も順当に勝ち進んだ。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2016年10月21日のニュース