アイアンの長さ統一で話題のデシャンボー途中棄権 地震で動揺?

[ 2016年10月21日 05:30 ]

男子ゴルフツアー・ブリヂストン・オープン第1日 ( 2016年10月20日    千葉県千葉市・袖ケ浦カンツリークラブ袖ケ浦コース=7119ヤード、パー71 )

 全てのアイアンのシャフトを37・5インチに統一していることで話題となったB・デシャンボー(米国)がまさかの途中棄権となった。

 インスタートの前半からパットが入らず終始イライラムード。ハーフターン後の1番ではティーショット前に震度4の地震に見舞われて動揺したのか、OBの揚げ句に8を叩き、2番を終えて棄権した。前から痛めていた背中痛が悪化したようで「1番のドライバーを打ったときに異変を感じた。ファンには申し訳ない」と力なく話していた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2016年10月21日のニュース