松山 出だしで苦笑いダボ「一発目で打つんだから…」

[ 2016年10月21日 05:30 ]

米男子ゴルフツアーCIMBクラシック第1日 ( 2016年10月20日    マレーシア・クアラルンプールTPCクアラルンプール=7005ヤード、パー72 )

第1ラウンド、11番でバーディーパットを決め声援に応える松山英樹
Photo By 共同

 今大会が米ツアー新シーズンの初戦となる松山だが、出だしの10番で第1打を右の池に入れてまさかのダブルボギー。それでも、そこから6バーディーを奪って3アンダーまで巻き返した。

 「今季はダブルボギーを打ちたくないと思っていたのに、一発目で打つんだから面白い」と苦笑いだった。先週の日本オープンで優勝したばかりだが、ショットは「25点くらい。まだ迷走中」と不満顔。ホールアウト後は炎天下の練習場で修正に励んだ。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2016年10月21日のニュース