木村 意地の自己ベスト締め 5個目メダル逃すも「満足」

[ 2016年9月18日 05:30 ]

<リオパラリンピック>】水泳男子200メートル個人メドレーSM11(視覚障害)決勝4位の木村敬一

リオデジャネイロ・パラリンピック 競泳男子200メートル個人メドレー

 競泳男子200メートル個人メドレー(視覚障がいSM11)で、木村敬一(26=東京ガス)は2分28秒76の4位に終わり、今大会5個目のメダル獲得はならなかった。5日連続のレースで疲労困ぱいになりながらも、自己ベストを0秒02更新する意地を見せて「よく頑張った。満足です」と自賛した。

 銀2、銅2の計4個のメダルを手に入れて今大会のレースを終え「4つのメダルよりも1個の金メダルが欲しかった。悔しい大会です」と振り返った。体調を崩し、最後は1人で歩けないほどに追い込まれながらも、レースを棄権をしなかった理由を問われると「パラリンピックだからです」と繰り返した。4年後については「明日の自分に聞いてみようかと思います。今は帰って寝たい」とだけ語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年9月18日のニュース