宮原が206・75点で優勝 フィギュアの国際大会

[ 2016年9月18日 10:40 ]

 フィギュアスケートの国際大会、USインターナショナルクラシック最終日は17日、ソルトレークシティーで行われ、女子はショートプログラム(SP)首位の宮原知子(関大)がフリーもトップの136・66点をマークし、合計206・75点で優勝した。

 アイスダンスでショートダンス(SD)2位の村元哉中、クリス・リード組(木下ク)はフリー90・08点の合計151・18点で2位だった。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年9月18日のニュース