宇良 5連敗でストップ「あまり意識していない」、安美錦は4連勝

[ 2016年9月18日 16:38 ]

大相撲秋場所8日目

(9月18日 両国国技館)
 十両の宇良は朝赤龍を押し出して3勝目を挙げた。立ち合い、お互いに頭を低くして出方をうかがう。宇良はじりじりを圧力をかけて、相手の上体が起きたときを見逃さずに押し出した。

 連敗が5でストップ。「(連敗脱出は)あまり意識していない。毎日同じ気持ちでとっています。うれしいのはうれしいですけど」と喜びは控えめ。
 
 左アキレス腱断裂で先場所全休の安美錦は、好調の阿武咲をすくい投げで下し、4連勝で5勝目。初日から勝ちっ放しだった20歳の若武者を止めた37歳の関取最年長力士は「逆に若い相撲をとってやろうと思った。体の張りはなくなってきたけど、心の張りはまだまだあるよ」と17歳差との一番を振り返った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年9月18日のニュース