ボルダリング男子・楢崎&堀が決勝進出 世界選手権第3日

[ 2016年9月18日 05:30 ]

スポーツクライミング世界選手権第3日

(9月17日 フランス・パリ)
 ボルダリング男子準決勝で今季ワールドカップ(W杯)ランキング1位の楢崎智亜(栃木県連盟)と堀創(宮城県連盟)が上位6人による17日夕(日本時間18日未明)の決勝に進んだ。W杯ランク2位の藤井快(東京都連盟)と、高田知尭(鳥取県連盟)渡部桂太(三重県連盟)は敗退した。

 リード女子準決勝の小林由佳(茨城県連盟)は決勝進出を逃した。パラクライミングでは男子視覚障がい(B2)で会田祥(山梨県連盟)が優勝、女子の神経障がい(RP3)で吉田藍香(東京都連盟)が3位に入った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年9月18日のニュース