山本篤 男子走り幅跳びで銀「悔しい」金へあと8センチ

[ 2016年9月18日 00:15 ]

男子走り幅跳びT42(切断など)決勝、銀メダルを獲得し日の丸を掲げる山本篤

 リオデジャネイロ・パラリンピック第11日(17日)陸上は男子走り幅跳び(切断などT42)の山本篤(スズキ浜松AC)が6メートル62で銀メダルを獲得した。金メダルに惜しくも8センチ及ばなかった。

 山本は昨年まで世界選手権を2連覇。8年北京パラリンピックの走り幅跳びで銀メダルを獲得して以来、2大会ぶり2度目の銀メダル獲得となった。

 ▼山本篤の話 悔しい。8センチ超えられなかった。たくさんの観客を味方につけて、全てをぶつけようと思った。金を取れば英雄になれると思っていたが(これが)実力です。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年9月18日のニュース