16歳・リオ五輪8位の板橋 女子高飛び込み初V 板と2冠 

[ 2016年9月18日 05:30 ]

飛び込み日本選手権 第2日

(9月17日 東京辰巳国際水泳場)
 女子高飛び込みはリオデジャネイロ五輪8位の16歳、板橋美波(JSS宝塚)が349・95点で初優勝し、16日の3メートル板飛び込みとの2冠を果たした。

 佐々木那奈(JSS宝塚)が324・00点で2位。男子3メートル板飛び込みはリオ五輪代表の坂井丞(ミキハウス)が463・20点で2連覇し、同代表の寺内健(ミキハウス)が450・45点で2位だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年9月18日のニュース