稀勢の里 安定の4連勝「力を出し切るだけ」2敗からV狙う

[ 2016年9月18日 05:30 ]

<秋場所7日目>宝富士を寄り切りで破る稀勢の里(左) 

大相撲秋場所7日目

(9月17日 両国国技館)
 綱獲り場所の稀勢の里は安定感が増している。

 宝富士戦は先に右上手を引き、胸を合わせて寄り切り。4連勝で2敗を守った。立ち合いで慌てることはなく「集中していくだけでした」と一定の手応えをつかんでいるもよう。それを裏付けるように、この日の朝稽古でも立ち合いの確認は行わず、四股を中心とした基本運動に終始した。「力を出し切るだけ」と一日一日に全精力を注ぎ逆転Vを目指していく。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年9月18日のニュース