豪栄道カド番脱出!8連勝で単独トップ守る 日馬ら3人が1敗追走

[ 2016年9月18日 17:53 ]

<秋場所8日目>嘉風を寄り切った豪栄道は仁王立ち

大相撲秋場所8日目

(9月18日 両国国技館)
 大相撲秋場所8日目は18日、東京・両国国技館で行われ、ただ一人全勝の大関・豪栄道が嘉風を寄り切りで下して8連勝。ストレート給金でカド番脱出を決めるとともに、単独トップを守った。

 前日7日目に、2横綱3大関を破って勢いに乗る前頭筆頭・隠岐の島との全勝対決を制した豪栄道。右四つから上手を取るとそのまま寄り切って全勝をキープ。08年の琴欧洲以来となる8人目のカド番優勝へも大きく前進した。

 2横綱は安泰。日馬富士は千代鳳を上手投げで破り、遠藤、隠岐の海とともに1敗を守って首位の豪栄道を追走。鶴竜は貴ノ岩を下して5勝目とした。

 その他大関陣は、綱獲りを狙う稀勢の里が妙義龍を押し倒しで、琴奨菊は魁聖を上手投げで下してともに2敗をキープ。照ノ富士は栃煌山に巻き落としで敗れ4敗目を喫した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年9月18日のニュース