競泳の17歳・中島が銅 走り幅跳びはレームが8m21で金

[ 2016年9月18日 12:53 ]

男子走り幅跳び(切断などT44)決勝 8メートル21で優勝したマルクス・レーム

 リオデジャネイロ・パラリンピック第11日の17日、陸上は男子走り幅跳び(切断などT42)の山本篤(34)=スズキ浜松AC=が6メートル62で、銀メダルを獲得した。

 競泳は男子200メートル個人メドレー(知的障害)で初出場の中島啓智(17)=千葉・中山学園高=が2分15秒46で銅メダルに輝いた。女子100メートル自由形(運動機能障害S5)は金15個を持つ成田真由美(46)=横浜サクラ=が7位。

 車いすラグビーは日本が準決勝でオーストラリアに57―63で完敗した。カナダとの3位決定戦(試合開始は18日午前9時=日本時間同日午後9時)で初のメダルに挑む。

 日本勢のメダルは銀9、銅12の合計21個となった。

 陸上男子走り幅跳び(切断などT44)はマルクス・レーム(28)=ドイツ=が8メートル21で制した。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年9月18日のニュース