ジョーンズV、勇太2位 遼連覇ならず3位 ANAオープン最終日

[ 2016年9月18日 16:23 ]

最終日、ウイニングパットを沈め、喜ぶブレンダン・ジョーンズ

 男子ゴルフのANAオープン最終日は18日、北海道札幌GC輪厚(7063ヤード、パー72)で行われ、首位から出た41歳のブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア)が4バーディー、2ボギーの70にまとめ、通算18アンダーの270で3季ぶりの通算14勝目を挙げた。賞金2200万円を獲得した。67をマークした池田勇太が1打差の2位となった。

 石川遼は通算16アンダーの3位に終わり、大会2連覇を逃した。賞金ランキングトップの谷原秀人は10アンダーの14位に終わった。

 ▼ブレンダン・ジョーンズの話 左手首を2度手術した後、なかなか自信を取り戻せないでいたが、ここ1カ月で調子が上がってきている感じがしていた。ファンタスティックな気分だ。若い選手に負けないように頑張って15勝目を目指したい。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年9月18日のニュース