トランプ氏 スーパーボウルに苦言呈す「政治の方がよっぽど面白い」

[ 2016年2月8日 15:41 ]

スーパーボウル優勝トロフィーを手にするブロンコスのQBペイトン・マニング (AP)
Photo By スポニチ

 米国大統領選で共和党指名争いに出馬している実業家のドナルド・トランプ氏(69)が8日、自身のツイッターで観戦中のスーパーボウルに苦言を呈した。

 NFLの優勝決定戦であるスーパーボウルは、米国の国民的行事。今大会はブロンコスとパンサーズが対戦し、前半を終わって13―7とブロンコスが守備の頑張りで得点力のあるパンサーズを1TDのみに封じ込めた。

 英国のロックバンド「コールドプレイ」のハーフタイムショーが始まろうとしていたその時にトランプ氏はメッセージを発信。「ここまでのところ、スーパーボウルは非常につまらない。政治の方がよっぽど面白い。我が国を再び偉大な国にするぞ!」と支持者を扇動した。

 試合は後半もブロンコスの守備が最後までパンサーズの攻撃を抑え、大方の予想に反して24―10で勝利。大会前にブロンコス推しを明言していたトランプ氏も、この結果だけを見れば、満足ではなかっただろうか。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2016年2月8日のニュース