雨に泣いた…さくら ライン上に水たまり、悔しい16位終戦

[ 2016年2月8日 05:30 ]

最終ラウンド、ホールアウトした横峯さくら(右)。通算4アンダーで16位

米女子ゴルフツアー コーツ選手権最終日

(2月6日 米フロリダ州オカラ ゴールデンオカラ・クラブ=6541ヤード、パー72)
 横峯は最終ラウンドの18番パー5で雨に泣かされた。3打目をグリーン奥のカラーに運んだが、ピンまで4メートルのライン上には大きな水たまりが。競技委員に救済措置を求めたが認められずパターで放った第4打は水の抵抗を受けて、わずか1メートル先でストップ。パーパットも外してボギーとし「凄くもったいなかった」と悔しがった。

 それでも最終ラウンドは69と気を吐いた。最後は「アンダーパーで回れたのは良かった」と気を取り直した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2016年2月8日のニュース