三宅、芸術漬けで「競技に生かいていく」グアム合宿に出発

[ 2016年2月8日 05:30 ]

グアム合宿に出発した三宅

 12年ロンドン五輪の重量挙げ女子48キロ級銀メダリストでリオデジャネイロ五輪代表に内定している三宅宏実(30=いちご)がグアム合宿のため成田空港から出発した。

 勝負の五輪イヤーは「自分の世界観を変えたい」という一年でもある。最近は芸術などに興味を抱き、1週間前には宝塚歌劇団の公演を観賞。合宿には美術関係の本を持ち込み、今後もオフは歌舞伎やクラシックのコンサートに行く予定だ。「美しいと思ったり感動したり、刺激を頂きながら、自分の競技に生かしていきたい」。4度目の夢舞台。視野を広げ、学び、吸収して30歳はさらに進化する。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2016年2月8日のニュース