男子・青野2位、安藤が3位に スノーボードW杯HP決勝

[ 2016年2月8日 05:30 ]

スノーボードW杯の男子ハーフパイプで2位の青野令(右)と3位の安藤南位登(左)

 スノーボードW杯は6日、米ユタ州パークシティーでハーフパイプ(HP)決勝が行われ、男子は青野令(日体大)が92・00点で2位だった。今季からW杯に参戦している18歳の安藤南位登(尾瀬ク)が90・50点で3位に入った。

 男子はマシュー・ラドリー(米国)、日本勢が予選敗退した女子はクロイ・キム(米国)がともにW杯初勝利を挙げた。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2016年2月8日のニュース