安治川親方&小泉エリが婚約会見 求婚はシンプル 小泉「実感ない」

[ 2016年2月8日 13:50 ]

婚約会見を行った安治川親方(左)と小泉エリ
Photo By スポニチ

 3月に結婚することを発表した元幕内・土佐豊の安治川親方(30)とアイドルマジシャンの小泉エリ(33)が8日、東京都墨田区両国の時津風部屋でそろって婚約会見。安治川親方親方が「健康で2人とも長生きできるような明るい家庭を築きたい」が話せば、小泉も「いつでも笑っていられるような、一緒に遊びながらハシャギながらお互いを高め合えたら」と幸せそうに笑った。

 2人は知人を通じて番付表のやり取りをし、それから直接「連絡を取り合うようになった」という。直接連絡を取り合ってから約半年後、2人きりでの食事は「2009年の名古屋場所」だったという。

 小泉は「無口で何もお話されないような、相撲一本だなと」、安治川親方は「よくしゃべる、キレイな人だな」というのがお互いの印象。その後、安治川親方は「だんだん一緒にいるうちに好きになった。優しいんですけど、現役中にいろいろあって支えてくれて、そういうところに惹かれた」と変わっていった。小泉もケガが多かった親方を近くで見るうちに「自分以上に周りの方を大切にするところは私にはない部分で尊敬した」。

 プロポーズは引退会見後のタイミングで、小泉の両親へのあいさつ後だったといい、安治川親方は「シンプルに…結婚してくださいと言いました」と照れ笑い。小泉は「(プロポーズされて)お付き合いが長かったので、やっと堂々とできるなと思った。私がずっと相撲が好きだと言っていたので、周りにはずっと言えないと思っていたので」としみじみ。「私が京都で遠距離だった。ずっと離れていたので、まだ実感が沸いていない」と幸せをかみ締めた。

 小泉は結婚後も仕事を続ける予定だというが「親方の仕事が最優先なので、邪魔にならないようにしたい」。入籍は3月初旬で、同居は「大阪(春)場所から帰ってきてから」。挙式・披露宴は秋場所後を予定しており「これから決めたい」。安治川親方は「子供は2人ほしい」とした。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2016年2月8日のニュース