エディー・イングランドが白星発進 ラグビー欧州6カ国対抗

[ 2016年2月8日 05:30 ]

 ラグビーの欧州6カ国対抗は6日(日本時間7日)に英エディンバラなどで開幕し、日本代表前ヘッドコーチのエディー・ジョーンズ新監督が率いるイングランドはスコットランドに15―9で勝利し、初陣を飾った。

 イングランドは前半13分にロックのクルーズのトライで先制。前半を7―6とリードして折り返すと、後半10分にWTBノウェルのトライで追加点。失点を3PGに抑え、敵地で逃げ切り勝ちした。ジョーンズ監督は「スコットランドは最初の30分までに得点の69%を挙げるデータがある。負けるとしたら、何かバカを犯す場合だけだった」と日本時代と変わらぬ知将ぶりで勝利を振り返った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2016年2月8日のニュース