宮瀬バーディー締め!最終18番では大歓声

[ 2010年7月18日 20:51 ]

 【全英オープン最終日】アンダーパーを目指した宮瀬だが、4バーディー、5ボギーの73。通算4オーバーで4日間を終えた。10番までで三つのバーディーとスコアを伸ばしたが、後半は難しいアゲンストの風にてこずった。

 それでも、最終18番では3メートルを沈めバーディーを奪い、大歓声を受けながら4日間を締めくくった。「スコアと順位はそうでもないけれど、自分の中ではすごく自信になった。また海外を目指すために日本で頑張りたい」と胸を張って帰国の途につく。

 ▼宮瀬博文の話 最後のバーディーはよかった。きょうは前半がよく、アンダーパーも行けるかと思ったけれど、後半は風が難しかった。4日間プレーできて海外への苦手意識が少しなくなった。ゴルフの内容がよくなっているので、日本でも(優勝の)チャンスが来ると思っている。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2010年7月18日のニュース