さくらに続いた 諸見里が生涯4億円突破

[ 2010年7月18日 16:24 ]

今季2勝目を挙げ、笑顔のアン・ソンジュ

 女子ゴルフツアーのスタンレー・レディース最終日は18日、静岡県東名CC(6542ヤード、パー72)で行われ、通算6アンダーの210で並んだ韓国勢のプレーオフで、アン・ソンジュが李知姫を下して今季2勝目を挙げた。日本女子プロゴルフ協会公認試合で韓国出身選手の100勝目となった。

 プレーオフは2ホール目でアン・ソンジュがバーディーを奪って決着。賞金1620万円を獲得し、ランキング首位に浮上した。

 1打差の3位は北田瑠衣ら3人。通算3アンダーで6位に入った諸見里しのぶが、横峯さくらの126試合に次ぐ史上2番目の速さの132試合目で、生涯獲得賞金4億円を突破した。アマの香妻琴乃(宮崎・日章学園高)は1アンダーの13位、福嶋晃子、有村智恵は1オーバーの20位だった。

 ▼アン・ソンジュの話 開幕戦の優勝より、競り合いだった今回の方が緊張した。韓国選手の日本100勝目は、韓国内でも話題になっていたので、自分が勝ててとてもうれしい。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2010年7月18日のニュース