ボルトがパウエル下し男子100メートルV

[ 2010年7月18日 06:00 ]

男子100メートルに出場したパウエル(左)とボルト(右)

 陸上のダイヤモンドリーグ第9戦は16日にパリで行われ、北京五輪短距離3冠のウサイン・ボルト(ジャマイカ)と前世界記録保持者のアサファ・パウエル(ジャマイカ)の注目の対決となった男子100メートルは、ボルトが9秒84で優勝し、パウエルは9秒91で2位だった。

 2人がマークしている9秒82の今季世界最高からは遅れた。ボルトは「力強さを出せなかった。まだ練習が必要だ」と話した。男子110メートル障害は北京五輪銅メダルのデービッド・オリバー(米国)がダイロン・ロブレス(キューバ)の世界記録に0秒02と迫る12秒89の今季世界最高で優勝した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2010年7月18日のニュース