池田 風に大苦戦…105位でまた敗退

[ 2010年7月18日 06:00 ]

 【全英オープン第2日】昨年に続いて2度目の出場だった池田は、またしても決勝ラウンドには進めなかった。

 3タックのパンツがなびき、帽子が飛ばされるほどの強風に大苦戦。特に後半は10番からの7ホールで5ボギーと踏ん張ることができずに78を叩いて105位と、カットラインには4打も及ばなかった。「パターでも風の影響があった。これだけ風が吹けばクラブ選択も難しい。悔しいが仕方ない」とぶ然とした表情で話した。

 ≪薗田にメジャーの洗礼≫メジャー初挑戦の薗田は6つスコアを落として通算8オーバーの127位と散々だった。「風に太刀打ちできなかった。チャンスはあったけれど、簡単じゃなかった」と2日間ともバーディーなし。プロ6戦目で優勝して聖地に乗り込んだ20歳はメジャーの洗礼を受け「また帰ってきて、今度は4日間プレーしたい」と出直しを誓った。
 ▼86位・小田龍一 18番でバーディーが取れて良かった。きのうは気持ちが弱かったので、きょうは強い気持ちで臨んだ。この強い風の中パープレーで回れたので、次につなげたい。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2010年7月18日のニュース