実戦不足が…三塚68位で予選落ち

[ 2010年7月18日 06:00 ]

 【スタンレー・レディース第2日】途中棄権騒動による2カ月の出場自粛から復帰戦となった三塚は通算6オーバーの68位で予選落ち。

【第2R成績】

 ノーバーディー、5ボギーで5つスコアを落とし「ひどいですよね。やっている途中、分からなくなってしまいました。パットが入らなくて、ショットも悪くなった」とガックリ。やはり実戦不足が響いた形で「(3週間の)オープンウイークはラウンドというより練習してきます」と出直しを口にしていた。

 ≪北田は4位に後退≫2位から出た北田は4位に後退。3打差につけているが「私、単独首位だとゴルフがうまいんですが、逆転優勝ってないんですよ」と弱気だった。過去6勝中5勝はトップでの逃げ切り。唯一、2位から逆転した04年のSANKYOレディースは2日目が中止となっている。来週からはエビアン・マスターズ、全英女子オープンに出場予定で「あすはアンダーで回りたい」と苦手の逆転で弾みをつけにいく。

 ≪高校生アマ・香妻は踏ん張る≫初日7位の高校生アマ・香妻は最終18番をバーディーで締め、首位と4打差の5位と踏ん張った。初日同様に「確実にグリーン手前から攻める」という作戦に徹し4バーディー、3ボギー。「初日に比べパーを取れる自信はありました」と話した。予選通過という第1目標をクリアし、最終日はトップ10も狙える位置。「精いっぱいのゴルフをやります。あすは安全策でなく、持ち味のピンを狙う攻めのゴルフがしたい」と全開を誓った。

 ▼1位・イム・ウナ リズムが良く、パットも読み通り入ってくれた。優勝のチャンスを引っ張りたい、じゃなくつかみたい。(10番のダブルボギー以外は8バーディー。ベストスコアの66)
 ▼10位・諸見里しのぶ バーディーは取れているので、ゴルフが楽しくなっている。あすはビッグスコアを狙いたい。(5バーディー、4ボギーと波が大きく5打差)
 ▼16位・有村智恵 まだまだ、本当のチャンスにつけられない。調子が上がらない中、練習を続けるか、休んだ方がいいのか。難しい。(70で35位から浮上も不満)
 ▼53位・古閑美保 しっかり練習して、8月は上位に行けるようにしたい。毎年いろいろあるし、あった方が自分らしいと思う。(73と乱れ、今季3度目の予選落ち)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2010年7月18日のニュース