香川 本職トップ下で先発も不発「これが実力」

[ 2015年6月17日 05:30 ]

<日本・シンガポール>前半、シュートを外し舌を出す香川

W杯アジア2次予選E組 日本0―0シンガポール

(6月16日 埼玉)
 精彩を欠いた日本代表MF香川が先発落ちの危機に陥った。トップ下で先発したこの日は前半12分に右足で強烈なゴールを狙ったが、その後はミスも目立って徐々に存在感を消し、公式戦では代表最速となる後半16分に交代を告げられた。「これが実力。結果が出ないとやるしかない。練習するしかない」と自分に言い聞かせるように話した。

 ザックジャパンは左MF、アギーレジャパンはインサイドハーフが定位置だった。ようやく巡ってきた本職でのプレー。それでもハリルジャパンでは4戦不発で、14年W杯ブラジル大会を含めて最近14戦で1得点と結果を残せていない。課題に関し「ワンツーだったり、もうちょっと使えれば相手もついてこられなかったと思う。単調だった」と背番号10。ドルトムントでも今季は5得点に終わり「納得いくシーズンじゃなかった。何かを変えないと」と漏らした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2015年6月17日のニュース