GKイズワン 神セーブ連発に笑顔「きょうは僕の日だった」

[ 2015年6月17日 05:30 ]

<日本・シンガポール>後半、大迫(左)らと競り合うGKイズワン(1)

W杯アジア2次予選E組 シンガポール0―0日本

(6月16日 埼玉)
 シンガポールはGKイズワンがスーパーセーブを連発し、勝ち点1をもぎ取った。攻撃はシュート3本ながら全員が自陣に引いて守り、シュートを打たれればイズワンが抜群の反応でことごとく止めた。

 24歳の守護神は「日本相手に引き分けは奇跡のようなもの。きょうは僕の日だった」と笑顔。シュタンゲ監督も「いつか日本のクラブからオファーが来るかもしれない」と話し、祝杯用に会見場のビールを手に引き揚げるなど、ご機嫌だった。地元紙ストレーツ・タイムズ(電子版)も「衝撃の結果だ。アジアの巨人である日本と引き分け、貴重なアウェーの勝ち点を獲得した」と速報し、イズワンの孤軍奮闘ぶりを手放しで称えていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2015年6月17日のニュース