長谷部 カズ超えもドローに猛省「重く受け止めたい」

[ 2015年6月17日 05:30 ]

シンガポール戦の前半、シュートを放つ長谷部(17)

W杯アジア2次予選E組 日本0―0シンガポール

(6月16日 埼玉)
 尊敬するカズ(横浜FC、89戦)を超える国際Aマッチ出場通算90戦目となった日本代表MF長谷部は消化不良に終わった。「(観客の)ブーイングは当たり前。重く受け止めたい。昨年のW杯のギリシャ戦(0―0)もそうですけどこれだけチャンスがあって決められない。何かが足りないのを痛感します」と振り返った。

 ボランチの位置から何度か縦にパスを入れたが、中央を締める相手の網にかかることもしばしば。「もっと工夫が必要だった」と話すしかなかった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2015年6月17日のニュース