永里家長男・源気、タイから歓喜のツイート「いけー!!あっさーの!!」

[ 2015年6月17日 08:42 ]

大儀見優季、永里亜紗乃の兄の永里源気

 タイ・プレミアリーグのラチャブリーFCでプレーするFW永里源気(29)が17日、自身のツイッターを更新。日本のサッカー史上、男女を通じて初となるW杯での“きょうだい同時出場”を果たしたなでしこジャパンのFW大儀見優季(27=ボルフスブルク)とMF永里亜紗乃(26=ポツダム)の実妹2人のプレーを喜んだ。

 永里3兄妹の長男・源気は、まず前半5分に長女・優季が待望の今大会初ゴールを決めると「よっしゃーー\(^o^)/ 」と歓喜のツイート。続けて「こっちは朝4時。目覚めた^ ^ 」と妹のゴールで眠気が吹っ飛んだ様子をつづると、後半30分に末っ子の亜紗乃が交代出場で念願のW杯初出場を果たした際には「いけー!!あっさーの!!」とお兄ちゃんらしいシンプルなエールをタイから送った。

 そして、1―0で試合が終わり、なでしこジャパンの1次リーグC組首位通過が決まると「あさのとブッチ、もうちょっと観たかった^ ^ また新しいオプションでいい感じだった!」と岩渕の名前も挙げると、「おやすみなさい」と安心して眠りについた。

 2人がそろってW杯メンバーに選ばれた5月2日には「2人らしく悔いの残らないように頑張ってくれるとお兄ちゃんは嬉しいです(^ ^)」と3人兄妹がJ2東京Vと日テレ・ベレーザで勢ぞろいした09年のものと思われる緑のユニホーム姿の微笑ましい3ショット写真を掲載してツイート。

 “永里3兄妹”の仲の良さは当時からチームでも有名で、昨年10月に行われたなでしこジャパンとカナダ代表の親善試合で2人が“姉妹アベック弾”を決めた際には「永里家祭りだな!笑」「2人揃ってスーパーゴールじゃないか\(^o^)/」などとツイートしたこともあった。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2015年6月17日のニュース