なでしこ並み人気!?“美人すぎる”26歳監督に「萌える」の声

[ 2015年6月17日 09:40 ]

記者会見するエクアドルのアラウス監督

女子W杯カナダ大会1次リーグC組 エクアドル0―1日本

(6月16日 ウィニペグ)
 W杯1次リーグを3連勝して、C組首位での通過を決めたなでしこジャパン。ツイッターなどネット上では早朝から祝福の声があふれたが、この日の対戦相手、エクアドルのバネッサ・アラウス監督についてのコメントも目立った。

 初のW杯出場を決めたエクアドル代表の平均年齢は22歳で、その若きチームを指揮する同監督も26歳。男女でのW杯史上最年少監督ということが話題になっていただけでなく、その美人ぶりにも注目が集まっていた。

 試合開始早々ツイッター上では「かわいすぎる」「めっちゃかわいい」「ハグしたい」、画面に映るたびに「テンション上がる」「萌える」「もっと映して」など、試合そっちのけのコメントが次々ツイートされた。

 チームは格上のなでしこを苦戦させるなど大健闘。試合後、充実感で満ち溢れた表情で佐々木監督と握手する姿が印象的で「素晴らしい戦いぶりだった」との称賛する声も多かった。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2015年6月17日のニュース