澤 積極的攻撃参加も…味方同士で衝突「もっと周り見ないと」

[ 2015年6月17日 08:47 ]

相手DFと競り合う澤(左)(AP)

女子W杯カナダ大会1次リーグC組 日本1―0エクアドル

(6月16日 ウィニペグ)
 第1戦のスイス戦から先発復帰したMF澤。積極的に攻撃に参加したが得点はならず、チームも前半5分のFW大儀見のゴールによる1点のみ。引いた相手に対してゴールをこじ開けられず「もっと得点が欲しかったので残念」と素直な心境を口にした。

 ゴール前の守備の枚数が多く「サイド攻撃から、中にタイミングよく入ることができればいいかな」と得点機をうかがっていたが、結局、ゴール前で重なり味方同士でぶつかり合ってしまったという。「周りを見て、タイミングよく入っていかないといけない」。反省の言葉を口にした澤だが、「決勝トーナメントでは相手がどこであろうと、次に向けてしっかり準備するだけ」と前だけを向いていた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2015年6月17日のニュース