岡崎 カズ以来の4戦連発ならず…自身の決定力不足を反省

[ 2015年6月17日 05:30 ]

<日本・シンガポール>前半、シュートを決められなかった岡崎はガックリ

W杯アジア2次予選E組 日本0―0シンガポール

(6月16日 埼玉)
 日本代表FW岡崎は不発に終わり、93年のカズ以来となる4戦連発はならなかった。

 自陣で守備を固める格下相手に、ゴールを決めきれない歴史が再び繰り返されたとあって、試合後は「監督には落ち込む必要はないと言われた。ネガティブではない」としながらも、「またかあという気持ちは正直ある」とぽつり。通算44得点を誇る侍ストライカーも「自分的には内容より、決めるか決めないか」と、今後はさらに決定力を上げる必要性を語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2015年6月17日のニュース