得点力に課題も…宮間きっぱり「あと4つ勝って一番上へ行きたい」

[ 2015年6月17日 08:30 ]

後半、攻め込む宮間

女子W杯カナダ大会1次リーグC組 日本1―0エクアドル

(6月16日 ウィニペグ)
 3連勝で1次リーグ首位通過も、3試合とも1点差の辛勝。この日も序盤にFW大儀見の今大会初得点で先制したが、その後はゴールが遠かった。主将の宮間も試合後、「できればもう少し多くの得点を取って次につなげたかった」と反省の言葉を口にした。

 相手のエクアドルは初戦のカメルーンに6失点、スイスには実に10失点を喫した。なでしこも大量得点が期待されたが、わずか1ゴール。宮間は「ボールが横には動くけど、縦に動かないので、そこを改善しないと得点するのは難しい」「3試合で1失点。悪くはないが得点が取れていないのでそこを改善しないと」と繰り返して決定力を課題に挙げた。

 それでも決勝トーナメントへの意気込みを問われると「どこが来ても、あと4つ全部勝って一番上へ行きたい」ときっぱり。連覇への強い思いを口にしていた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2015年6月17日のニュース