宇佐美 初のW杯予選で持ち味出せず「今後の教訓にする」

[ 2015年6月17日 05:30 ]

<日本・シンガポール>後半、シュートを外しガックリの宇佐美

W杯アジア2次予選E組 日本0―0シンガポール

(6月16日 埼玉)
 日本代表FW宇佐美は悔しいW杯予選デビューとなった。

 前半は滑るピッチに足を取られる場面があり、スパイクを替えた後半も含めてシュート5本を放つも4本が枠外。後半33分に退き「枠に持っていくことや、ゴールをこじ開けるプレーをしないといけなかった」と唇をかんだ。待ち焦がれたW杯アジア予選の舞台。「緊張はなかったけど難しかった。これがW杯予選なんだなと感じた」。それでもロシアに向け、次代のエース候補にかかる期待は大きい。「きょうの試合を教訓にするしかない。短期間でも成長できる」と巻き返しを誓った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2015年6月17日のニュース