【日本ダービー】梅崎“スパー”で大吉→本番的中

[ 2024年5月26日 08:45 ]

レイデオロと藤沢和雄陣営
Photo By スポニチ

 トウカイテイオーの主戦・安田隆行の家族と栗東トレセン近くの大野神社に参拝したのは33年前のダービー前々日だった。夫人の優子さん、当時8歳の次男・翔伍君(現調教師)とかしわ手を打って必勝祈願。おみくじを引くと吉だった。低配当(当時は単複、枠連のみ発売)とはいえダービー初的中。以来、験を担いでダービー前には神社に参拝しておみくじを引いている。

 府中・大国魂神社のおみくじに凶と出たのは96年。直後に本命馬カシマドリームはせん痛で出走取り消し、騎乗予定の的場均(現調教師)と肩を落とした。大吉と出たのが17年。レイデオロからの馬単を仕留めて藤沢和雄調教師(引退)と喜びをかみしめた。今年はそのレイデオロ産駒狙い。果たしておみくじの吉凶は…。

続きを表示

「函館記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2024年5月26日のニュース