【下関ボート ミッドナイト2nd 初日】12Rドリーム戦は原田篤志 機力上積みで押し切る

[ 2024年5月26日 04:30 ]

初日ドリームはインから原田が期待に応える
Photo By スポニチ

 今節のミッドナイトは男女混合戦4日間開催。予選は2日目11Rまで。準優が3日目に行われる。原田篤志が初日ドリームの1号艇に座る。今節もあまり評判のいいエンジンではなく、どこまで立て直してくるかが注目される。前検1番時計は山田理央の6秒78。

 【12R】地の利を生かして

 地の利のある原田が機力を上積みして押し切る。市橋、杉山も舟足は微妙でどこまで整えてくるか。重成のカド自在攻めは単まで。良機の若林は大外でも切り込みは侮れない。

 <1>原田篤志 ペラはある程度叩いた。悪くはないけど、いっぱいいっぱい。余裕はない。

 <2>市橋卓士 エンジンはあまり良くないみたい。直線で下がることはないけど、回転は上がっていない感じがした。レースに行ってからですね。

 <3>杉山正樹 いまひとつですね。追い風の割にスタートも届いていないし乗っていて出足もなさそう。最近はペラがいいと思うので、まずはそれにしてみて。

 <4>重成一人 全部そのまま行った。足は分からないけど班では変わらないかな。好きな体感ではない。

 <5>出畑孝典 そのまま行って悪くない。回転の上がりも悪くなかった。ここをベースで調整する。

 <6>若林将 そんなに悪いところはなかった。特訓でも永嶋君より少し良かったし、ターンでも押す感じもあった。前検としては合格。前節が全然ダメだったので勢いを取り戻したい。

続きを表示

「函館記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2024年5月26日のニュース