【宝塚記念】18年ぶり8度目の京都開催、過去7回は全て4歳馬が連対 今年4歳馬は登録2頭

[ 2024年6月17日 19:09 ]

ベラジオオペラ
Photo By スポニチ

 中央競馬の上半期を締めくくるサマーグランプリ「第65回宝塚記念」(23日、芝2200メートル)は阪神競馬場のスタンドがリフレッシュ工事中のため、06年以来18年ぶりに京都が舞台となる。

 京都で開催された宝塚記念は過去7回、その全てで4歳馬が2着以内に入った。今年4歳馬は皐月賞馬ソールオリエンス(牡4=手塚)、前走大阪杯でG1馬の仲間入りを果たしたベラジオオペラ(牡4=上村)の2頭が登録している。

 過去7回の上位3頭は以下の通り

66年 1着 エイトクラウン   牝4
    2着 ハツライオー    牡4
    3着 タニノライジング  牡4

69年 1着 ダテホーライ    牡4
    2着 マーチス      牡4
    3着 ダイイチオー    牡4

74年 1着 ハイセイコー    牡4
    2着 クリオンワード   牡4
    3着 トーヨーチカラ   牡4

76年 1着 フジノパーシア   牡5
    2着 ロングホーク    牡4
    3着 トウコウエルザ   牝5

91年 1着 メジロライアン   牡4
    2着 メジロマックイーン 牡4
    3着 タイイーグル    牡4

95年 1着 ダンツシアトル   牡5
    2着 タイキブリザード  牡4
    3着 エアダブリン    牡4

06年 1着 ディープインパクト 牡4
    2着 ナリタセンチュリー 牡7
    3着 バランスオブゲーム 牡7

続きを表示

「中京記念」特集記事

「藤田菜七子」特集記事

2024年6月17日のニュース