【宝塚記念1週前追い】ブローザホーン 坂路で負荷十分、吉岡師「状態はいい」

[ 2024年6月16日 04:05 ]

 上半期を締めくくるサマーグランプリ「第65回宝塚記念」(23日、京都)の1週前追い切りが15日、栗東で行われ、天皇賞・春2着ブローザホーン(牡5=吉岡)は坂路で4F53秒6~1F12秒7。ロードアウォード(4歳オープン)と併せ、2馬身ほど先行する形から、いっぱいに負荷をかけて7馬身遅れた。

 吉岡師は「僚馬が凄く動くのでプレッシャーをかけてもらいました。元々、坂路で動く馬ではないですからね。状態はいいですよ」と納得の口ぶり。舞台についても「器用な馬で京都の下り坂も合っています。距離は短くなるけど時計がかかる馬場になってくれれば」と歓迎した。最終追いは19日に美浦から菅原明が駆けつけて坂路で行う予定。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「藤田菜七子」特集記事

2024年6月16日のニュース