【高知・全日本プロ選手権記念競輪】12R 脇本雄太の復活差し 寺崎目標は強みに

[ 2024年5月26日 04:30 ]

脇本雄太
Photo By スポニチ

 高知競輪の「全日本プロ選手権自転車競技大会記念競輪」は12Rで大会メインの「スーパープロピストレーサー賞」が行われる。本命は脇本雄太。寺崎浩平を追走から差しを決め、復活のきっかけをつかむ。

 【12R】完調手前でも意地見せる

 脇本はまだ万全の状態ではないが、後輩で動きいい寺崎を目標にできるのは強み。寺崎の仕掛けに乗って最後は大外を伸び切る。

 犬伏が豪快に先制。清水が番手有利に抜け出し、続く松浦との(7)(1)は五分だ。深谷の気配も抜群。犬伏と寺崎でモガき合えば豪快に捲り切る。松谷、和田で追走。荒井は単騎。

 (1)松浦悠士 犬伏君のペースが良かった。余力はあったが踏んでからの伸びがいまひとつ。清水君。

 (2)深谷知広 3コーナーからワンテンポ待って踏み込んだ。自力。

 (3)脇本雄太 他の自力選手に対応できなかった。行ける感じも全くなかった。悪いなりに気持ちだけはしっかりと。寺崎君。

 (4)犬伏湧也 4番手が並走になったのでペースに入れやすかった。今までの中でも力を出し切った感覚があった。自力。

 (5)松谷秀幸 松井君は切ってから長くてきつかったと思う。最後は難しい判断だった。深谷君。

 (6)荒井崇博 自分だけが全開で踏んだ。状態はいいと思う。単騎で攻める。

 (7)清水裕友 3番手確保がきつかった。1着なので思っていたよりも悪くないかも。犬伏君。

 (8)和田健太郎 ダービーの時と比べると多少、余裕はある。前2人のおかげで3着なので上出来。南関3番手。

 (9)寺崎浩平 500バンクなので脚をためて行けるタイミングで。バックでうまく回せなくて感触は良くなかった。自力。

続きを表示

「函館記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2024年5月26日のニュース