【武雄競輪 岡崎兼治コラム「打鐘日記」】11R 石原颯が馬力駆けで圧倒

[ 2024年5月26日 04:30 ]

 【11R】今年はF1ばかりとはいえ3Vを手にしている石原颯。直前の玉野は準決で大敗し途中欠場しているが、前検日の明るい表情を見れば体調面は何ら問題はない。

 「ヒモが切れてシューズを新品に替えた。このシューズがめちゃ感じいいんです」

 2班だけに予選回りだが、V候補に挙げられる四国の機動力型だ。初日予選の当面の敵は中村隆生となるが、石原との競走得点は14点近く開きがある。石原が圧倒するパターンだろう。番手田中勇二に柏木伸介が絡むケースは一考。(7)―(5)(6)―(1)(2)(5)(6)。

続きを表示

「函館記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2024年5月26日のニュース