【川口オート G2スポニチ杯川口記念】小椋華恋 グレードレース初優出 さあ無心の逃げ

[ 2024年5月26日 04:30 ]

グレードレース初優出を果たした小椋華恋
Photo By スポニチ

 川口オートのナイター「スポーツニッポン新聞社杯G2川口記念」は12Rでベスト8による優勝戦(4100メートル=8周)が行われる。

 女子レーサーの小椋華恋が4日目9R準決勝戦2着でグレードレース初優出を果たした。

 3日目以降、ハンデが10M重化したが、単騎0ハンから先行態勢。試走3秒31は最重ハン勢と遜色なく、中村には抜かれたものの、後続を抑え込んだ。

 「まさか優出できるとは思わなかったので凄くうれしい」と満面の笑み。

 SG初参戦した4月のオールスター(飯塚)で準決進出。地元G2では初日から連勝を飾って、加速度的に成長を遂げる川口のニューヒロイン。

 「頑張って開けていきます!!」。失うものはなく、無心の逃げで優勝戦を盛り上げる。

続きを表示

「函館記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2024年5月26日のニュース