【高知競輪 全日本プロ選手権記念 SPR賞】清水裕友が抜け出してV 「勝ててホッとした」

[ 2024年5月26日 18:42 ]

スーパープロピストレーサー賞を制した清水裕友
Photo By スポニチ

 高知競輪の「2024年度全日本プロ選手権自転車競技大会記念競輪」は12Rで「スーパープロピストレーサー賞」が行われ、清水裕友(29=山口・105期)が、逃げた犬伏湧也の2番手から抜け出してV。優勝は今年3度目、スーパープロピストレーサー賞初Vを飾った。

 犬伏が寺崎を叩いて先行態勢に。この時点で清水のV確率は大きく上昇した。最終バックで寺崎、深谷の仕掛けはなくV確率はマックスに。最後の直線では余裕を持って抜け出した。

 「今年は勝ち切れないことも多かったので、1番人気に応えることができ、勝ててホッとしました」

 前検日のインタビューでは決して調子は良くないと話した。それでも初日はS班の脇本雄太、真杉匠ら強力メンバーを制して捲り勝ち。「想像していたよりも走れた感じです」と上積みを果たし、Vにつなげた。

 「毎年、全プロあたりから暑くなり、調子も怪しくなってくるので、しっかり暑さと全体のスピードが上がってくることの対策をしたいです」

 勝ってなお課題を挙げる清水。G1戦線で、さらに躍動しそうだ。

 ◇清水 裕友(しみず・ひろと)1994年(平6)11月9日生まれ、山口県防府市出身の29歳。三田尻学園誠英高卒。14年7月プロデビュー。通算758戦250勝。G1は1V、G2は3V。1メートル68、82キロ。血液型A。

続きを表示

「函館記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2024年5月26日のニュース