【葵S】戦い終えて

[ 2024年5月26日 05:05 ]

 ▼3着ナナオ(和田竜)スタートが良くうまく流れに乗れて息も入った。4角で少しフワフワしたがその分、伸びると思った。体が良くなっているし、速い時計にも対応してくれた。

 ▼4着エトヴプレ(藤岡)スタートが伸び上がるような格好になってしまった。スタートが決まらないと千二だと先手を取るのが難しい。その中で、うまく内から勝ち馬を追って伸びているけど、追ってからはじけるタイプではないですからね。

 ▼5着シカゴスティング(西村淳)スタートが良かったし、短距離適性があると思いました。

 ▼6着ナムラアトム(浜中)前が止まらなかった。この馬も最後は伸びているけど…。

 ▼7着アウェイキング(菱田)発走までの雰囲気は前走より良かった。展開が向かなかった。

 ▼8着エポックヴィーナス(酒井)流れに乗って行った。最後はスペースを見つけて追い出すと右にモタれたが、スペースに入ると伸びてくれた。

 ▼9着ガロンヌ(池添)ペースが速く、戸惑いながら走っていました。流れに乗れなかった。これが経験になると思う。

 ▼10着オーキッドロマンス(内田)千二は合うと思っていたが(周りが)速かった。もう少し外の枠が欲しかった。

 ▼11着アスクワンタイム(岩田望)思ったより千二のペースにはついて行けた。勝ちに行った分、最後は甘くなった。

 ▼12着カルチャーデイ(武豊)初めて乗ったけど、返し馬から気が乗っていなかった。牝馬の難しいところが出てしまった。

 ▼13着エリカカリーナ(鮫島駿)外枠で壁をつくりたいと思い、内に潜り込んだ。下りからハミをかんで、そこでもう少しリラックスして走れれば。

 ▼15着モンシュマン(松山)枠は良かったけど少し忙しかった。

 ▼16着モズトキキ(亀田)スタートは出て、ある程度のポジションは取れたが最後は切れ負け。自分の競馬はできたと思う。

 ▼17着クリスアーサー(幸)4角で手応えがなくなった。もっと走れる馬です。

 ▼18着ジョーローリット(柴田裕)ペースが速く、自分の競馬ができなかったけど、これが糧になれば。

続きを表示

「函館記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2024年5月26日のニュース