丸山元気!

インサイダー 当日の落ち着きが鍵

[ 2024年5月31日 17:38 ]

◎丸山元気騎手のコメント

今週は土日合わせて5鞍に騎乗します。

インサイダー(土曜6R)の前走はハマりましたからね。当日の落ち着きが鍵になりますが、今回も展開が向いてくれれば。

エチャケナ(土曜7R)はもっと走っても良さそうですけどね。距離短縮でどう変わってくれるかですね。

今週も応援をよろしくお願いします。

◎山崎の見解
土曜日
6Rインサイダー ☆☆
 短距離で終いを生かす形が合うのか、前走は直線でいい脚を使い3着。雨で極端な前残り馬場にならなければ、今回も上位食い込みがあっても。堅実なレッドレナート、好仕上がりのヴァンセゾニエ、先行力があるミスターディジェイが上位候補か。

7Rエチャケナ ☆
 現級では3戦して8着が最高着順。初めての古馬相手でもあり、メドの立つ競馬ができれば上出来か。自己条件なら力量上位のサクセスカラー、4戦連続で2着のニシノピウモッソ、好仕上がりのメリージェーンが上位候補か。

11Rパライバトルマリン ☆☆☆
 交流重賞勝ちがあるようにオープン特別なら力は互角以上。東京1600メートルで好時計勝ちの実績もあり、一変があっても不思議ではない。東京は相性が良いレオノーレ、充実著しいユティタム、現3歳世代のトップレベルであるイーグルノワールが上位候補か。

日曜日
4Rラブラブラブチャン ☆
 ここまで2戦してともに二桁着順。約半年振りの実戦でもあり、上位争いまでは…。前走が勝ちに等しい内容だったフクチャントウメイ、前走の末脚が目立っていたノアスペシャル、叩いて調教の動きが良くなったミスヨシゼンが上位候補か。

8Rパノティア ☆
 過去に現級でも好走歴はあるが、近走成績が一息。立て直した効果でどこまで変わるかだが…。末脚堅実なゲキザル、前走は位置取りが悪くなったスプレーフォール、前走快勝だったライクファーザーが上位候補か。

<山崎啓介>
1982年生まれの北海道出身。2007年に専門紙「一馬(現・優馬)」に入社。美浦の想定班で、若手の調教師、騎手との繋がりが深い。現在も「優馬」のホープとなるべく、日々勉強中。

続きを表示

バックナンバー

もっと見る