【大村ボート ヴィーナスシリーズ第5戦】藤原菜希 初日の惨敗から巻き返す

[ 2024年5月26日 04:30 ]

藤原菜希
Photo By スポニチ

 初日メインの発祥地ドリームでは三浦永理が逃げて人気に応えた。好レースで1走白星の藤原早菜、当地初出走で1着をつかんだ門田栞らにも注目。藤原菜希はまさかの6着2本となったが、2日目12Rは1枠に座る。スカッと逃げて巻き返したい。

 【12R】自慢のスピード全開

 進入は枠なり3対3を想定する。スピード自慢の藤原菜が一気に逃げて先頭へ。足は強めに見えた中里は全速旋回を繰り出して続く。藤原早は出足が良好。捲り差しでどこまで接近するか。乗り味に満足している門田は差して粘り込む。

 <1>藤原菜希 前半は水をもらってしまった。足はそんなに悪くないと思うけど、上の人はいるかな。

 <2>門田栞 しっかり舟が向いたし、乗り心地は来ている。出て行く感じはないけど、スタート全速なら勝負できます。

 <3>中里優子 1マークはブレーキが利かずに滑った。行き足はしっかりしているし伸びもいい。

 <4>西村美智子 回り過ぎだと思う。ターンマークを全部外してしまった。伸びは普通くらいかな。

 <5>藤原早菜 初動を切ってから握れるまでが早い。回った後が一番いい。行けるところまではこのまま行きたい。

 <6>三浦永理 差した感じが良くなかったし、回り過ぎていたのかも。伸びで下がることはなかった。

続きを表示

「函館記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2024年5月26日のニュース