【日本ダービー】田中道子 長い直線攻略できる瞬発力とスタミナ

[ 2024年5月26日 14:00 ]

質問に答える田中道子
Photo By スポニチ

 元ミス・ワールド日本代表でドラマからバラエティーとマルチに活躍する女優・田中道子(34)が昨年に続きダービー予想に参戦!悩みに悩んだ末、本命はアーバンシックに託した。プライベートでは今年4月、元サッカー日本代表の川又堅碁(34=J3沼津)との結婚を発表。幸せムード全開の中、ダービーで特大の“祝砲”を打ち上げる。

 結婚から1カ月がたちました。実はサッカー選手の彼から競馬を学ぶことが意外と多いんですよね。私が馬体チェックをしている時、横からよく話しかけてくるんです。“人間もよく走る体とか、長い距離に適した体とかタイプによって体形が全然違うから”と。スポーツ選手だからこその視点。そこからパドックを見るのが好きになりました。

 3歳のこの時期はデータも少ないのでかなり悩みました。皐月賞の上位メンバーは着順ほど差がなかった印象。コースと距離次第で順位が変わってもおかしくないとみています。本当に悩ましいですが…本命はアーバンシックに託します。激流になった前走皐月賞は後方から外を上がってきて4着。3走前の百日草特別で見せた上がり3F33秒2の脚も強烈でした。府中の長い直線で求められる瞬発力とスタミナは十分備わっているはずです。

 対抗は皐月賞馬ジャスティンミラノ。無傷3連勝中で、この中ではやはり目立つ存在。キズナ産駒も活躍していますし外せない1頭です。弥生賞Vの▲コスモキュランダ、G17勝キタサンブラックの半弟☆シュガークンも侮れません。相手はレガレイラ、シックスペンス、ゴンバデカーブース、シンエンペラーと手広くいきます。

 先週のオークスは本命チェルヴィニアから3連単が的中。しかし、手元に帰ってきたのは8060円でトリガミでした。今週こそは“ご祝儀”をもらいたいと思います。

◎(8)アーバンシック
○(15)ジャスティンミラノ
▲(6)コスモキュランダ
☆(11)シュガークン
△(2)レガレイラ
△(12)シックスペンス
△(13)シンエンペラー
△(14)ゴンバデカーブース

 ◇田中 道子(たなか・みちこ)1989年(平元)8月24日生まれ、浜松市出身の34歳。13年ミス・ワールド日本代表。16年テレビ朝日系ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」で女優デビュー。フジテレビ系「みんなのKEIBA」、関西テレビ系「競馬BEAT」など競馬番組にも多数出演。現在はNHK総合「解体キングダム」レギュラー、BSテレ東「築き人」MC。TBS系「プレバト!!」では水彩画名人10段、色鉛筆名人5段。22年に1級建築士試験合格。趣味はピアノ、ハープ演奏、スキューバダイビングなど多彩。1メートル72。血液型O。

続きを表示

「函館記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2024年5月26日のニュース