【香港マイル】海外ライバル馬の話

[ 2019年12月8日 05:30 ]

 <1>ビューティージェネレーション(ムーア師)さまざまな調教を重ねていい状態。体調面に不安はない。今回は重量差も楽になるし、この馬らしい走りを期待。

 <4>ワイクク(サイズ師)勝った前走も調子はピークではなかった。まだまだ良くなる余地はある。日本馬は強力だが勝てる力はある。

 <5>ザーキ(ギロワ助手)ニューマーケットにいた時と同じ調教ができている。動きが凄く良く、いい状態にある。

 <6>カーインスター(クルーズ師)追い切りは素晴らしい動き。仕上がりには満足している。体調、馬体、走るフォームもいい。

 <7>シンプリーブリリアント(ロー師)追い切りは軽めだったが、それ以上やる必要がないくらい仕上がっている。体調は万全。

 <8>シトロンスピリット(イウ師)年齢を重ね、自分が何をすべきか馬が分かっている。今季はいいレースをしている。中間はトレセンで調整して変わり身も見込める。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2019年12月8日のニュース