【香港スプリント】海外ライバル馬の話

[ 2019年12月8日 05:30 ]

 <1>ビートザクロック(サイズ師)いい枠を引けた。今週は少し涼しかったし、いい感じで来ている。フレッシュだし、いいレースをしてくれるはず。

 <2>ディービーピン(サイズ師)外のゲートはあまり歓迎できない。今回はムーアが乗るし、いいところを引き出して何か得るものがあればいいね。

 <3>ミスタースタニング(ロー師)前走は休み明けで外枠だったがパフォーマンスとしては悪くなかった。年齢は重ねているが、いいレースができると期待している。

 <4>ホットキングプローン(ティータン)前回乗った時にとても賢い馬だと思った。前走は長期休養明けだったが心身ともに成長していると感じる。

 <5>ラタン(ギブソン師)春の時ほどではないが十分にいい調整ができた。彼は5本の指に入るトップスプリンターだと思っているし勝つチャンスはある。

 <8>アイヴィクトリー(サイズ師)内枠が欲しかったが体調はいい。冬場の芝が合う馬。昨年も僅差だったし力はある。

 <9>ウィッシュフルシンカー(ギブソン師)末脚が確かなのでハイペースの方が適している。十分にチャンスはあると思うが、エセロは強敵。

 <10>シーズンズブルーム(シャム師)状態はいい。この馬の末脚が生きる展開になってくれれば。先行馬が競り合う速い流れがベスト。

 <11>フルオブビューティー(サイズ師)デビューは遅くなったが順調に成長してきた。負けたレースも大きな差はつけられていない。1200メートルでも。

 <12>リージェンシーレジェンド(シャム師)前走は期待していただけにがっかり。連勝時の勢いを取り戻すため、中間は馬にしっかり負荷をかけてきた。

 <13>インハータイム(スワン助手)万全の体調。馬体や毛ヅヤもいい時の感じに戻ってきている。調教ではいいストライドで走っている。

 <14>エセロ(ムーア師)いつも通りの調教を消化し極めて順調。仕上がりには満足している。古馬相手でもやれる力がある。

続きを表示

「中山記念」特集記事

「阪急杯」特集記事

2019年12月8日のニュース